配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

外国株投資

日本株に慣れてくると外国株の投資も始めるようになりました。

当時はまだ個別株の情報が少なかったためETF(上場投資信託)を中心に取引をしておりました。

投資信託が証券取引所に上場しているので、株の売買と同じように証券会社を通して取引ができます。

米国のダウ平均に連動するETFや高配当の企業を集めたETF、新興国のETFなどを買っていた記憶があります。香港ハンセン指数のETFやインドSENSEX指数のETFなども投資していました。

その後のリーマンショックなどをへて当時の投資法を大きく見直し、現在のインカムゲインを主体とした投資法に自然に変わっていきました。

現在は米国株も特定口座対応の証券会社が増えてきたいため参入しやすいのではないでしょうか。



[PR]
by papio1017 | 2015-07-13 23:41 | 投資