配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

外債投資について

僕は株式以外に債券への投資にも比重を置いています。債券投資の一番の魅力は満期まで持てば元本保証であることです。

僕は外国債券を主体に投資しています。具体例を挙げると、アメリカ国債やオーストラリア国債などデフォルト率が著しく低い安全性の高い債券への投資です。また海外の優良企業のドル建て債券もいくつか購入しています。日本国債についてはあまりに金利が低いので証券会社との付き合いでキャンペーンのときに買い、一年で売ってしまいます。

外国債券は高金利で有利な条件なときに期間が長い債券を購入することで長期にわたり安定したインカムゲインを得られます。ただし金利は市場金利の影響を受け常に変化しているので購入タイミングが極めて重要になってきます。たとえば現在の米国債10年物の利回りは2.3%前後ですがこれは僕の基準では投資すべきタイミングではないように思います。

気を付けなくてはならないのは「為替」と「金利」の2つの動向です。両方が都合よくいいタイミングでくることは少ないため円高のタイミングがきたら円を外貨MMFに変えておき、金利が自分の思う水準より高くなった際に外債を購入しましょう。この際利金は円でなく外貨MMFでもらうように手続しておきます。

外債は償還まで待たず途中売却も可能です。購入金額よりかけ離れて値段が高くなった時や現金が必要となった場合に売却することもありかと思います。

債券投資は株式とはまた別の知識が必要になりますが、色々なことに応用可能なのでぜひトライして欲しい投資法です。

[PR]
by papio1017 | 2015-07-22 20:07 | 投資