配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

米国の連続増配企業

米国では日本に比べ会社は株主のものであるという考えがしっかりと根付いています。

このため株主に対する還元に力を入れており毎年増配(配当の増加)していくような企業がたくさんあります。

インカムゲイン投資家の僕にとってもこれは大きなメリットです。債券は毎年もらえる金額は償還まで定額です。その代わり元本は保証されます。

株式は元本保証はありませんが配当が増えていくという楽しみがあるのです。これは投資元本から考えると利回りがどんどん増えていく債券のようなものです。(もちろん減配のリスクもありますが)

米国会社四季報の東洋経済社のHPに米国の連続増配企業(30年以上)に関する記事が載っていました。

プロクター・アンド・ギャンブル、3M、ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラなど、良く聞いたことのある企業が並んでいますがなんと50年以上も連続増配しているそうです。

配当額の成長も日本の比でなく10%近くも成長している企業もあるようです。


米国の超優良企業に長期投資しておくのはいい選択だと思いました。

[PR]
by papio1017 | 2015-07-20 00:26 | 投資