配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

自社株買い

野村證券の担当が持ってくる資料の中になかなかわかり易い資料があったので紹介します。

今回持ってきてくれた資料の中に「野村のサマー投資セミナー2015」というテキストがありました。このテキストの出来が良いのです。

パラパラと適当に読み飛ばすつもりがあまりの内容の濃さにじっくりと読み込んでしまいました。

どうやら野村證券で無料のセミナーを行っていてその会場でもらえるテキストのようです。日本だけでなく世界の今後の経済見通しなど鋭く考察されています。野村證券と取引のある方は手に入れてほしいテキストですね。

その中で米国の株高の要素として高い総還元性向について書かれていました。米国は80%、日本は40%前後、この差が株価に表れているとのこと。

この内、意外なことに配当性向は日米ともに30%前後と差はあまりないようですが、米国では自社株買いが50%を超えています。日本では自社株買いは10%弱、日本株では内部留保がやたら多いです。

自社株買いはEPSを増加させますので当然株価も上昇していきます。

今後は日本も株主たいして目を向けることが多くなっていますので徐々に米国並みに近づいていくことを期待しています。

[PR]
by papio1017 | 2015-07-22 18:04 | 投資