配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

為替動向

このところ124円前後でドル円が推移しています。

僕自身は資産の外貨配分をドル主体で持っています。これは日常業務で円が入ってくるため意図的に運用しなくても必然的に円は一定量を持つことになるからです。

ただどのタイミングで円をドルに換えていくかは難しい問題ですね。米国の利上げを考えると長期的に円安方向でしょうから、一時的に円高になった時を狙うしかないでしょう。

できれば119円台まで円高になった時に買いたいです。

他に持っているのはオーストラリアドルですがこれは現在買い増す方向にはありません。石油価格の下落など資源国には逆風が吹いているからです。保有しているオーストラリア債権はこのままキープの方向です。

中国経済の減速やイランの経済解除から原油はまだ安値で移行していくのではないでしょうか?

年内利上げについても確証が得られないのではっきりしない状態が続きそうですね。




[PR]
by papio1017 | 2015-08-04 10:06 | 投資