配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

なぜ米国株投資なのか?

僕の株式投資はそのほとんどが米国株です。昨年末に当時持っていた日本株はすべて売ってしまいました。(時折、証券会社の持ってくるIPOは買いますがこの頃は失敗続きです。)

ではなぜ日本株でなく米国株なのか?当然日本株の方が買いやすいし、情報も入ります。それでも米国株を買うのは理由があるからです。

一番の理由はドル資産を持っておく必要があると考えているからです。日常の仕事での収入は円で入ってきます。国内にある不動産や預金もすべて円資産です。何もしなくても円資産に偏っているわけです。

将来の日本の状態を想像するとやはり資産を円だけで持っているのはかなりリスキーではないかと思います。もちろんドルだけが今後も独り勝ちするとは限りませんが、現在世界はドルを基軸通貨としています。将来的にもすぐにこの優位性が揺らぐとは考えにくいと思います。

ヘッジとして持っているだけならドル建てのMMFやドル預金でもいいわけですが、僕の場合は不労所得を得るための手段としているため米国株や米国債にも投資しています。

そして米国の企業は「会社は株主のもの」という考えが徹底しています。日本では会社は「社長のもの」や「従業員のもの」と考えられていることも多くあるように思います。

米国では会社の利益は株主に還元するのが当然のこととなっています。配当を増やしていくこと、自社株買いで一株当たりの価値を上げていくことが常に意識されています。特に米国企業は配当を重視しており、めったなことでは配当を減らすことがはありません。この点、減益になるとすぐ減配する日本企業とは大きく違います。(このところ変わってきていますが)

米国債投資の中でも最もリスクが少ないのが時間を味方にした配当重視の投資法だと考えています。



[PR]
by papio1017 | 2015-09-14 22:53 | 投資