配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

株式投資で一番難しいことは売らずに持ち続けること

株式投資で一番難しいことは何でしょうか?

僕は日本株、米国株、中国株と15年程度株取引を行ってきました。その中で一番難しいと感じたのは株を持ち続けることです。暴落が起これば保有資産はあっという間に失われていきます。

この時、恐怖に勝てず売ってしまうことも多くありました。日本株についてはかなり長く低迷していたため結果的には良かったかもしれませんが、米国株については当時はキャピタルゲインを目的にしていたこともあり、リーマンショックの時にかなりの部分を売ってしまった苦い思い出があります。

今思えば、持ち続けていれば十分見返りがありましたが、後の祭りです。

その後は米国のQEにより相場が持ち直したこと、配当目的の投資に切り替えたこともあり評価額も上がり、かつ安定的な配当を得ていますが、自分の投資法の真価が問われるのはこれからだろうと思っています。

遅かれ早かれ利上げが始まり、株価は大きく調整する可能性があります。このとき保有資産が日に日に減っていくという事実に恐怖しながらも持ち株を売らないで持ち続けること。そして値の下がったお買い得株を買い増しして、保有株数を増加させていくことができるかどうか、これが一番難しいことではないかと思います。

株を売らずに持ち続けることに比べれば、銘柄選択は大きな問題ではなく、適当に配当貴族銘柄を買っておくだけでも良いくらいだと思います。

このブログは自分の投資法を紹介するために始めたものですが、自分の投資法を何度も確認することによって信念を強め、自分のルールを守るための助けにしているところもあるように感じました。



[PR]
by papio1017 | 2015-09-15 01:46 | 投資