配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

資本を食う豚

先日シーゲル博士の「株式投資の未来」を読み直したことについて書きました。いつも感心させられるのは第7章の資本を食う豚のところですね。毎回投資の際に気を付けなければと思います。

世の中で話題になっている企業、新しい技術革新を行っている企業、こういうところに注目が集まり、投資をしてみたいと思いがちです。シーゲル博士は設備投資や研究開発を『資本を食う豚』と称して革新的な技術はむしろマイナスになると指摘しています。

投資家は素晴らしい技術を開発した会社に早期から投資できればすばらしいリターンを得られる、と考えがちであるとしています。しかしこれは間違った考えで経済の成長と利益の成長は別のものであり、生産性の向上はむしろ利益を破壊し、株価急落の原因にさえなると説いています。

なぜか、1社が技術革新を起こしても他の競合他社が同様のことを始めれば競争が起こり価格も下がり、利益も減っていく。技術革新の恩恵を受けるのは消費者であり投資家ではないということです。

投資すべきは話題の新技術を作り出すような会社ではなく、地味であっても前回書いたwide moatを持っている会社が株主を儲けさせてくれるようです。

ぜひこの章だけでも読んでみてください。


[PR]
by papio1017 | 2015-09-21 10:02 | 投資