配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

なぜ配当成長株を組み入れているのか

僕のポートフォリオには典型的な高配当株だけでなく配当成長株を組み入れています。配当成長株は株価の成長も著しいため買付時の配当利回りはそれほど高くない場合が多いと思います。せいぜい2%前後ではないでしょうか。

それでも配当成長株を組み入れるのには理由があります。高配当株は買付時から配当利回りが高く4%~5%に達するものもあります。これは株価自体が大きな値動きもなく成長が低いことによるものですが、配当自体の成長もかなり低いことに原因していると思います。

日本ではデフレが長く続いたため実感しにくいのですがインフレによる資産の目減りというのは実は大きな問題です。極端な例ですが、おなじ金額を持っていてもモノの値段が倍になれば半分しか買えません。これがゆっくりと確実にくるようなものでしょう。そしてインフレも複利で上昇します。もし配当だけで生活することを想定し、この時債券や高配当株のみ所有していると配当金の成長率がインフレ率に負ける可能性があるわけです。例えるなら給料が全然変わらないのに物価が上昇していくようなイメージでしょうか。

このような事態を避けるために配当成長率の高い株を組み入れていくことが大切だと考えています。配当成長株の配当成長率は10%を超えるものも多くインフレ率の上昇に負けない可能性が高いと考えています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村


[PR]
by papio1017 | 2015-10-05 20:16 | 投資