配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)

債券ETFをシリーズで紹介してきましたが3回目の今回は最終回、米国の投資適格の社債に広く分散投資するiシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ETF(LQD)を紹介します。社債を個別に投資するのはやはりリスクがありますのでこのように分散されたETFで投資するのは安心感があります。

投資適格とは言っても、BBB格付が4割程占めており、米国国債に比べると全体的に信用度がかなり低い債券で構成されています。そのため保有銘柄数も1000銘柄以上と、非常に多くの社債に分散投資しています。ETFの分配金の利回りも信用度が低い分高く、現在3.4%前後となっています。

出来高も非常に大きく流動性は問題ありません。 ただ債券にしては価格変動が大きくリーマンショック時には20%程度の暴落がありました。金融危機時には基準価格が落ちることが予想されます。

僕はある程度の数を購入していますが、安全性を重視するなら前の2回で紹介したAGGやTLTの方が安心です。利回りを欲しい場合には今回紹介したLQDを混ぜてみるのも良いかと思います。

債券は一般的には株と反対の値動きになるとされていますのでリスクを下げるためにも今回シリーズで紹介したような債券ETFを組み入れておくのは良い選択だと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村





[PR]
by papio1017 | 2015-10-21 19:13 | 投資