配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

高配当銘柄と配当成長銘柄

配当投資家の僕は、高配当銘柄と配当成長銘柄の2つをこのブログの中で使い分けています。

過去のブログを読み返してみるとなんとなくわかりにくいような気もするのでこの機会に2つの違いについてまとめておこうかと思いました。

高配当銘柄とは現在の配当が高い銘柄、4%を超えるものも多くあります。配当利回りが高いということは逆に言えば株価が低く押さえられていることにもなります。大きな成長力は期待できませんので株価は一定の水準を上下するようなイメージでしょうか。配当は増配してもわずかです。ただし一定の安定した利回りを得られるのは大きな利点です。例としては電力株(AEP,SO,DUKなど)通信株(T,VZ)などでしょうか。

配当成長銘柄とは配当貴族銘柄に代表されるような連続増配企業を指しています。このような企業は利益成長力型が高い上、株主に対し還元することを強く意識している企業群です。株主に報いるために配当を毎年上げていくだけでなく、定期的に自社株買いを行い一株利益(EPS)を上昇させています。特に配当貴族銘柄では25年以上も連続増配を続けており、その安定性は素晴らしいものがあります。

この2つを組み合わせることによって安定した配当を得られるようになります。高配当銘柄で得られた高い配当金を成長力の高い企業に再投資することによって得られる配当金の成長を高めていくことができるからです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ
にほんブログ村




[PR]
by papio1017 | 2015-10-29 19:26 | 投資