配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

債券投資について

僕はブログで出している米国株やETF以外に米国債やオーストラリア国債を保有しています。他にも米国企業や日本企業の米ドル建て社債を保有しています。

本年(2016年)より債券の税制が変わったため、いろいろ考えた結果、債券については投資方針を変えることにしました。

以前ブログに書いたクロス取引によって米国債やオースとラリア国債については昨年末に益出しを行いました。

今後は米国金利の上昇を待ち(10年もの3%以上)をめどに米国債投資していく方針でしたが、本年より債券の途中売却時の非課税メリットがなくなってしまうため、生債券に投資するメリットはないのではないかと考えられます。

また米国の利上げが始まったとはいえ、長期金利が3%を超えるにはまだ時間がかかると考えられます。機会損失リスクも加味したうえで債券ETFに投資する方がいいのではないかと考えるようになりました。

今後の金利上昇に合わせ、債券ETFの基準価格は下がっていくものと考えられますので、価格の下落に合わせて買い下がっていきたいところです。

個別銘柄に投資するより分散されているのでリスクも減りますし、ETFであれば債券投信よりも運用手数料も使い勝手も良好です。

僕の場合、キャピタルゲインは狙わないので債券価格自体よりも、きちんとインカムゲインを出してくれることが重要です。現在保有しているものの中では比較的リスクの少ないAGGやTLTを時間の分散をしつつ買い増していく方針です。

[PR]
by papio1017 | 2016-01-04 17:51 | 投資