配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

新規購入銘柄

12月にシンタス(CTAS)を購入しました。この企業はユニフォーム関連の事業を行っています。配当利回りは1%前半と低めですが30年以上増配しており、安定した成長を見せていることから購入に踏み切りました。

自分の保有銘柄を改めて見直してみると、結局、配当貴族銘柄などの連続増配企業がほとんどを占めています。結果論ですが、あまり自分で銘柄発掘など考えず配当貴族銘柄の内、安くなったところを機械的に買っても良かったのかなと今にして思います。

企業分析や決算を追っていくのも知識が付くという点では大切ですが、毎年の配当を増やしていくという目的を考えれば今後はあまり細かいことは追わず仕事同様、程々にやればいいかなと考えています。

配当投資の利点のうち最も優れた点は市場を気にしなくてもよいことだと思います。毎日株価を気にする必要もなく、株価を見た日がたまたま暴落していて、かつ割安と考えられた場合は買い増しておく、そんな気楽なスタンスでもいいのかな、と感じられるようになってきました。



[PR]
by papio1017 | 2016-01-06 17:15 | 投資