配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

外国税額控除

外国株投資において二重課税となるのが「配当金」に対する税金です。多くの国で配当金に対する税金は「源泉徴収」という形で配当が支払われる時に差し引かれて投資家の元に届きます。

例えば、アメリカでは、配当金に対しては10%の源泉徴収が米国で行われます。この配当金が日本の投資家の手元に届く時には日本でも20%の源泉徴収がされています。

例えば配当金100ドルの米国企業に投資しているとします。アメリカ国内で10%が源泉徴収され、残高は90ドルとなります。さらに日本の証券会社は90ドルの20%に相当する額を源泉徴収します。結果72ドルが残ります。上記のような二重課税を回避するための制度が「外国税額控除」です。

実際には「外国で課税された税額を日本の所得税から差し引く」という制度になっています。限度額が決まっていますので所得の割合によって全額が控除できない場合があります。限度額の計算式については国税庁のHPをご覧ください。3年間の繰り越しが可能のようです。

確定申告が必要ですが米国高配当株投資をしている方は覚えておきたい方法ですね。


[PR]
by papio1017 | 2016-01-23 17:35 | 投資