配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

円高続く

イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の米下院金融サービス委員会での証言で、「金融の引き締まりが長期化した場合、見通しを圧迫する可能性もある」と慎重な見通しを示したようです。

このため追加利上げペースが一段と遅くなるとの見方が強まり、ドル売りに拍車がかかりました。ついに113円台です。

米国景気の改善や原油価格の上昇が見えてくるまではこのままドル安方向に傾いていく可能性がありますね。そうなると110円割れもあるかもしれません。

僕の方針は引き続き下がったらドル買いです。為替での円ベースの損がでたとしても、それ以上に日本の円の通貨リスクが高まっていると感じているからです。

日本の経済状況を見ると円だけで資産を持つリスクがさらに高まっているような気がします。ある一線を越えた時、円の価値が一気に暴落する可能性があると考えています。

他の通貨を持つとなると流動性、安定性から消去法でドルになると考えています。あとは比率を高めなければオーストラリアドルもありかとは思います。ユーロは怖くて持てませんね。

日本に住んでいる限り、円に対するリスクヘッジについて真剣に考える時期に来たと考えています。

米国株については下げに合わせて買い増していく方針は変わりません。配当狙いの投資においてはこれからはむしろチャンスだと思います。



[PR]
by papio1017 | 2016-02-11 08:59 | 投資