配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

日米実質金利差

昨日のワールドビジネスサテライトを見ていたら、為替市場で日米の実質金利が注目されているようです。日本の実質金利が米国を上回り、金利差が拡大。これが現在の円高の原因となっているようですね。

実質金利とは、名目金利からインフレ率を差し引いた値です。日銀の政策金利は0%、米国のFRB(連邦準備制度理事会)は昨年12月に利上げをしたため0.5%になっています。

インフレ率は、日本は0%前後ですが、米国は上昇基調にあります。米国は利上げをして政策金利が上昇しましたがインフレ率もより上昇しているため、実質金利のマイナス幅が拡大しており、日米実質金利差も日本の方が高い状態で拡大しています。

僕は単純に米国雇用統計の結果、利上げが先送りになったため円高に振れているものと考えていましたがこのような背景を知ることができ、勉強になりました。
[PR]
by papio1017 | 2016-04-05 12:12 | 投資