配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

米雇用統計発表

アメリカの景気の現状を示す重要な指標、雇用統計が発表されました。非農業者部門の就業者数は前の月に比べて16万人の増加で、20万人程度とみていた市場の予想を下回り、勢いに欠ける結果になりました。

連邦準備制度理事会(FRB)は、今年3回連続で追加の利上げを見送っています。年内利上げは難しいのでは、との予想も出てきています。アメリカの利上げが先延ばしになると円高に振れていく可能性が大きくなるはずですが、今のところ大きくは動いていないようです。

今後のアメリカ経済がどのような方向に向いていくのか、それは誰もわかりません。地政学的リスクや大統領選挙など、これからも株価が大きく揺れることもあるかと思います。景気自体はずっといいことはありえないので、上がるときもあれば下がる時もあります。

ただどのような状態であろうと配当投資にはあまり関係ありません、株価が下がれば株数を増やしていけば良いだけです。株価が上がり続けるようなときは買わないでただ配当が貯まっていくのを楽しめばいいと思います。自分の投資の軸さえ決まっていれば世の中の動向に左右さず安心していられのが、この投資法の強みだと思います。



[PR]
by papio1017 | 2016-05-07 17:13 | 投資