配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

近況

米国の利上げ見送りから一気に105円程度まで円高に進むのではないかと予想していましたが、思っていた以上に円安にとどまっているので、なかなかドルの買い付けができません。

麻生財務相の口先介入の効果なのかわかりませんが、長期的に効果があるとは思えないので、じりじりと円高に振れていくことを想定しています。

雇用統計の結果からしばらくは米国の利上げは難しそうなので実質金利を踏まえると中期的には円高方向、米国のいずれ来る追加利上げ、または日本の財政危機などの要因を考えると長期的にはかなりの円安に振れると考えています。

米国株価も行ったり来たりの展開で、方向性がはっきりしないためこのところ買付はしていません。今はじっくりと配当を蓄えチャンスを待つ時期と思って耐えています。

そろそろ米国株も割高な水準になっているので、比較的大きな下げが来てもおかしくないように感じています。その時、恐怖に打ち勝ち買えるか、そしてすぐに買えるだけのドルストックを用意しておけるか、が鍵になると思います。



[PR]
by papio1017 | 2016-05-13 07:38 | 投資