配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

OPEC減産合意

OPECの減産合意を好感してNYは今日も好調、史上最高値を更新したようです。円安も進み114円台を付けています。ただ原油価格はこのまま上昇を続け安定していくのかは不透明ではないでしょうか。需要が減っているのに加え、原油価格が上昇してくれば米国のシェールオイルも競合してきます。まだまだ一波乱あるのではないかと考えています。

ただ原油価格の上昇から電力株には逆風が吹いています。いい水準まで下がってきているのでいくつか買い増しをしておきました。僕の配当投資では配当成長株以外に安定高配当の電力、通信系を配当収入安定のために組み入れています。今回のように下がった時は買い増しのチャンスととらえています。

購入銘柄の新規購入や買い増しの際、以前は理論株価を計算したりして細かく見ていましたが、現在では企業業績以上に世の中の経済状況で株価が大きく変動するので、こちらのチャンスをとらえることを主体に考えています。

主には25年以上増配している配当貴族銘柄を中心に、高配当銘柄、債券ETFなどを組み合わせています。これらが世の中の景気変動や地政学的リスクなどで大きく動いた時に狙っています。

一応ウオッチリストの中からPERが20倍を切ってくると購入を検討し始めます。これに配当利回り、配当性向を加味して参入しています。年内もう少し買えるチャンスがくると信じています。

[PR]
by papio1017 | 2016-12-01 03:09 | 投資