配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

配当再投資について

頂いた「配当金を再投資する」これは配当投資の基本だと思います。

連続増配銘柄を中心に投資していくことで毎年の配当額は自然に増加していくわけですが、その配当金で再び連続増配銘柄を買い付けることによって配当金の増加は一気に加速します。

配当投資の一番の弱点は資産増加のスピードが遅く長期的な目で見ないといけないわけですが、配当再投資を行うことによってこの弱点をある程度補えると思います。

配当投資の目的は安定的な配当を非常時や自分のリタイア後に長期にわたって安定的に受けとることが目標となるので、この点からもある程度の配当額になるべく早く到達した方がいいわけです。

連続増配銘柄以外にも電力や通信系は高配当かつ比較的安定しているので保有しています。原油価格の動向によっては減配もあり得ますが、もともとの配当が高いのでそれは割り切るしかないかと思います。このような高配当銘柄も配当再投資することによって配当額の増加に大きく貢献してくれます。

実際、米国株の資産総額は配当再投資を行うことによって雪玉が転がって大きくなるように増えていきます。ただし全額株にしてしまうのでなく、ある程度のキャッシュポジションをいつも保っておいた方がいいかと思います。

一番の理由は、いつ来るかわからない暴落に備えるためです。株価は上がるといはゆっくりですが、下がる時は一気に落ちます。暴落は大チャンスですのでこんな時にいつでも買えるようにドルのキャッシュポジションをある程度保つようにしています。次の円高のチャンスが来た時にはドルを買い付けたいですね。











[PR]
by papio1017 | 2016-12-12 09:21 | 投資