配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

FOMC結果

 昨晩のFOMCでは予想通りに利上げを決定しました。これについては市場は織り込み済みでしたが、FOMC参加者による金利見通しでは、17年の想定利上げ回数は3回と9月時点の2回から引き上げられました。

市場では「2回のまま据え置かれる」との見方が大勢だったため、ドル高円安がすすみ117円台に達しています。米国10年債利回りも2.57%以上に急上昇し、株価は現時点で100ドル以上下げています。

来年、政策金利が実際に3回引き上げられるとすると、米国10年債利回りも3.0%を超えてくる可能性も十分あると考えています。僕自身に関しては米国債買いのチャンスが広がると考えています。

また株については基本的には強いとは思いますが、金利上昇は株価にマイナスに働くはずなので銘柄によっては買うチャンスも出てくると考えています。

ドル円は来年も円安方向に動いていうのではないでしょうか、政策金利が言葉通り引き上げられていく場合120円を超えていく可能性も十分あると思います。

[PR]
by papio1017 | 2016-12-15 08:15 | 投資