配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

永久保有

僕の投資方法は配当を長期に渡って受け取ることを目的としているので必然的に長期投資になります。

ここで言う長期とは一般的に言われているような5年、10年を想定したものでなく、納得のいく配当を受け取ることができる限り永久に保有することを想定しています。

キャピタルゲインを目的とした投資ではどこかで出口を考えなければなりません。株価は上がることもあれば下がることもあります。買いのタイミング売りのタイミング考えなければならない複雑な要素が多くなります。

配当を目的した投資であればしかるべき企業(配当貴族銘柄など)や安定的高配当銘柄を世界的な不況時など、株価が低迷している時に買付け、そのまま保有していればいいわけです。

極論すると銘柄選定さえ誤らなければ、永久保有の観点から見るとタイミングのパフォーマンスに与える影響も大きくはないと考えています。買いの時点で自分の納得のいく配当利回りかどうかが一番大切なポイントだと考えています。

一度買い付けた後、そのまま売らずに保有することには大きなメリットがあります。まずは税金の問題です。利益は確定するごとに税金を取られてしまいます。現状ではアメリカ国内で10%日本国内で20%引かれます。これはかなりの痛手です。売り買いはなるべく最小限がいいわけです。また売り買いを繰り返せば売買手数料もばかになりません。

一時的な利益に目を奪われず、長年にわたって確実に配当を受け取れることが大切です。ただ保有しているだけで入ってくる配当金が増加していくのは、家の中に毎年昇給していく優秀な働き手が加わったような感じでしょうか、生活費は一切かかりません。

僕の場合投資は趣味のひとつなので株価や指標などは毎日目を通しますが、何週間株価をチェックしなくても配当は確実に入ってきます。めんどくさがりの自分には最も合った投資法だと思っています。







[PR]
by papio1017 | 2016-12-17 01:20 | 投資