配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

投資信託について




最近は証券会社のみならず銀行でも投資信託を販売しています。テレビコマーシャルもずいぶん増えました。僕自身も15年位前、投資を始めた当初はたくさんの投資信託を保有していました。しかしながら現在ではETF(上場投資信託)以外はすべて売却済みです。


その理由はまず第一に手数料が非常に高いことが挙げられます。まず購入時に販売手数料がかかります。またそれ以外にこれが最も問題なのですが毎年、信託報酬として、0.2%〜2%ほどの手数料がかかります。例えば1.5%の信託報酬がかかるファンドがあるとします。このファンドが年間4%の運用を行ったとしても実際の利回りは2.5%になってしまいます。そしてこの信託報酬は運用成績がマイナスでもかかるのです。長く保有すればするほど複利でマイナスになっていくのです。


手数料が0というノーロードファンドもありますが、この場合信託報酬の中から一定の割合で販売手数料が販売店に渡るのだと考えられます。


同じ理由からラップ口座なども僕は否定的です。運用性成績がマイナスの場合は手数料がかからないのであれば選択肢の一つになり得ますが、マイナスでも当然ながら手数料がかかります。


僕のおすすめはETFです。ETFについては運用手数料が圧倒的に安く、かつ株と同じように自分で値を見ながら売買できます。これは非常に大きなポイントです。


投資を始めて初心者の頃は手数料については全くわからない上、銘柄選びの知識もないため、勧められるままに投資信託を買ってしまうことも多いかと思います。訳が分からず投資するのは本当に危険です。知識を身に付けコントロールできる部分を増やすことが最も大切だと思います。














[PR]
by papio1017 | 2016-12-19 08:11 | 投資