配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

債券投資について

債券投資は投資の初心者の方には少し難しく感じるかもしれません。一番わかりにくいのは債券価格と金利の関係でしょうか。

債券の価格は、市場金利との関連で日々変動しています。その価格変動により、債券の収益である「利回り」も変化します。金利上昇の局面においては債券の価格は下がり、逆に金利が低下している局面においては債券の価格は上がります。

こういう債権の基本的なところが理解できると、株や債券、金、原油価格、そして金利や為替などの関係性がぼんやりと見えてきます。もちろんその関係性は原則的な事であり、必ずそのようになるわけではありません。けれども通常はこういう動きをするはずだという基準を自分の中に持つことによって、市場に異常が起きている場合、どう異常なのかを判断することはできます。

僕が債券投資をするのはこのようなことを学ぶためでした。なので実際に債券投資をする、しないにかかわらず、債券投資の基礎を学ぶことは他の投資を行うにあたっても役に立つはずだと思います。

僕が実際に投資しているのは米国債、オーストラリア国債、米国企業のドル建て社債などです。もちろん為替リスクはありますが、原則その国や企業がつぶれない限り元本は戻ってきます。こういう意味では安心かと思います。ここで注意しなくてはならないのは利回りが高ければ高いほどその企業の信用性は低いという点です。格付け会社の評価を参考に選べばよいかと思います。

さらにリスクを減らすのであれば債券ETFが良いと思います。分散が効くため倒産リスクはずっと低くなります。ここでも注意点はあります。これから金利上昇が予想されるので債券価格は下落の方向に向かうことが考えられます。ここを注意しながら債券投資を進めたほうがいいかと思います。



[PR]
by papio1017 | 2016-12-21 08:05 | 投資