配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

配当投資

年内の配当がほぼ確定しました。目標であった年間配当12万ドル以上をクリアしたので一応米国株については新規資金の追加は考えず配当再投資のみ行っていこうと考えています。

僕の場合は配当は病気をした場合や、本当にリタイアした時の生活費を想定しているため、最も大切なのは配当金額の最大化です。評価額を含めたトータルリターンは気にしていないので特に規則を作らず、気の向いた時に興味ある銘柄に投資していました。

特に外的要因による暴落時には大きく資金を入れていました。今後は配当金のみを再投資していく予定なので、ある程度規則性をもって毎月1万ドル程度の米国株再投資を行っていく予定です。

では今後は何に対して新規の資金を投入していくのか、一番の候補は米国債です。今までも債券投資は行ってきましたが株との比率でみると半分程度です。今後の利回り上昇に合わせて買い増す予定です。以前も書きましたが一応の目安は10年物米国債利回りが3%を超えたあたりで買い始めていく予定です。最近の長期金利の急上昇をみると来年中にも3%を超えてくるのではと思っています。

今のところトランプ新政権への期待先行で株が上がっていますが今後は地政学的リスクなども高まってくる可能性を考え、よりバランスのとれたポートフォリオを組みたいと思っています。



[PR]
by papio1017 | 2016-12-23 19:26 | 投資