配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

ディフェンシブ株

僕の米国株の基本になっているのがディフェンシブ株です。「ディフェンシブ株」とは、景気動向に業績が左右されにくい業種の株式を言います。一言で言えば地味な株、具体的には食料品・医薬品など生活必需品、電気・ガスなどの公益事業、交通輸送業などの株です。株価も比較的上下が少なく、配当も安定的なため景気の低迷・後退期には人気となります。

これとは対照的に好況期に人気の出る「景気循環株」というものがあります。景気循環株の具体的な業種は、鉄鋼、紙パルプ、化学などの素材産業のほか、工作機械、建設などの設備投資関連企業が挙げられます。

今回のトランプ氏次期米大統領の決定から1カ月足らずで約1000ドルも上昇し、最高値更新を続けたダウ工業株30種平均。この「景気循環株」がダウ30種の急伸に大きく関与しています。

キャピタルゲインを狙うのであれば今後のトランプ氏の経済政策に期待し「景気循環株」に投資をするのも一つの方法かと思います。売り時を間違えなければ大きく利益を得ることができるかもしれません。僕も資産を大きく増やした時期には「景気循環株」の投資を行っていました。

逆に「ディフェンシブ株」は取り残されたような状況となっています。それでも現在の僕のは値動きによるリスクをなるべく取りたくないため確実に配当を払ってくれ、値動きの比較的小さい「ディフェンシブ株」を中心に保有したいと思います。頂いた配当を再投資することによって長期的には大きな利益を生むと考えています。




[PR]
by papio1017 | 2016-12-25 09:23 | 投資