配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

複数の収入源を持つこと①

自分の仕事に誇りを持ちその能力を磨いていくこと、これは大切なことです。スキルを高め、高い目標に向けて努力する、これによってその分野で大きな成功を収める可能性が高まります。ただし、人生のすべてをそこに集中させるのは危険度が高いと思います。

あらゆる職業において、リスクは存在します。誰にでも共通するのは病気によるリスクですが、それ以外にもたくさんのリスクが存在します。どのような大企業に勤めていても倒産するリスク、解雇されるリスクなどが考えられます。また職場における仕事内容や、人間関係のストレスなど数多くの問題が存在します。うつ病などもリスクのひとつに含まれるでしょう。

仮に定年まで無事勤め上げても現代のように不安定な時代では年金なども当てにならないでしょう。

このような問題を解決するのは複数の収入源を持つことが大切だと思います。本業以外にも収入を得ることによって本業がうまくいかない場合の大きな助けになります。

本業以外から少しでも収入を得ることができるようになれば、その収入が増えていくことによって安心感を感じることができきます。ついには自分の得ている本業の収入と同額に達した時、強い自由感を感じることと思います。

なぜなら、もし本業がダメになっても、病気になっても、職場での人間関係が嫌になっても、仕事を辞めるという選択ができるからです。今までと生活水準を変えることなく生活できるという安心感を得られることは、強い自信につながります。

収入源は、なるべく多くの種類持つことが大切です。同じ系統の収入源だと同じリスクにさらされやすいからです。本業とは全く別の方向から収入を得ることが大切です。



[PR]
by papio1017 | 2016-12-27 08:22 | 基本の考え方