配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

資産とは何か

「資産とはなにか?」と尋ねると、通常、現金、車、家など、自分が所有している物をあげると思います。会計上の定義としては問題ありませんが、お金を増やす、不労所得を得るという観点、つまりお金持ちになるという視点からみると全く違ったものになってきます。

ロバートキヨサキは「資産」と「負債」の違いについてその著書の中で素晴らしい分類法を提示しています。

資産 あなたのポケットにお金を入れてくれるもの

負債 あなたのポケットからお金を取っていくもの


僕はこの考え方がすべての根本であると思うくらい大切な言葉だと思っています。例えば、家を持つにはローンを払い、税金を払い、一定の額が毎月マイナスになります。車も税金や保険、ガソリン代など所有しているだけでマイナスになります。この観点から行くと、家や車はあなたのポケットからお金を奪っていく負債になります。

この分類法では自分が資産だと思っているもののうち、多くが負債なのです。現金もそのまま持っているだけでは資産になりません。預金すれば利子がもらえ、この時初めて資産になります。負債である家も、家賃を得られるように他人に貸せば収益を生み、資産になります。同じものが資産になり得るし負債にもなり得ます。

株も値上がり益を狙って所有しているだけでは資産になりません。配当が定期的に入ってくることによって資産になるのです。

このようにあらゆるものが資産にも負債にもなり得ること、常にそれが負債なのか資産なのかを自分で認識していることが大切だということです。

僕は大きな家を所有すること、高級車を何台も所有することが悪いと考えているわけではありません、それが本人のモチベーションになるのであればむしろ大変いいことだと思います。ただしそれがお金を生み出さないもの、負債だと認識していることが大切だということです。



[PR]
by papio1017 | 2017-01-03 09:33 | 基本の考え方