配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

1月配当、分配金

1月の米国株の配当、分配金が確定しました。13601.06ドルでした。昨年と比較しても順調に伸びているようです。

為替が動いているので112円台のところを時々拾ってます。購買力平価説では、現在はかなり円安の水準で105円あたりが妥当とされているそうなので、まだまだ円高に進む可能性は残されていますが、日米金利差や今後の利上げを考えると1方向に流れることは考えにくいと思います。

注意すべき点としてトランプ氏の為替に対する口先介入がありますが、今までのところ一時的には円高に振れるものの比較的短期で円安に戻す傾向があるように思います。

慎重に下げたところを拾っていく戦略を続けたいと思います。

新規銘柄の買い付けはありませんがTGT ターゲット CL コルゲート・パルモリブが大きく下げていたので買い増しを行いました。米国株全体ではかなり割高な印象なので何らかの理由で下げている銘柄に狙いをつけています。

トランプ政権下における株価の混乱はまだまだこれからだと思いますので暴落のチャンスを逃さず拾いたいと思います。




[PR]
by papio1017 | 2017-02-02 14:17 | 投資