配当重視の投資方法や日々の事柄など


by DIP (Dividend Investor Papio)

不動産投資のランニングコスト

不動産投資については普段自分自身がやるべきことは少ないのでほとんど気にしていませんでした。

管理会社に任せている上に、自分の事業とは別に法人に複数の不動産物件を所有させているため、あまり細かくお金の出入りを見ることはありませんでした。

今回決算のため少しお金の流れを追ったところ、結構人の出入り後のリフォームに費用が掛かっていることがわかりました。また所有物件のうち1棟物の6F建てマンションのエレベーターや貯水槽のメンテナンスフィーも結構な額に及んでいます。

表面利回りは11%程度で購入しましたが実際に回してみると7〜8%ぐらいになっている感じですね。やはり株と一緒で安全域が必要なようです。

またレバレッジをどの程度効かすのかも大切です。今は金利がかなり低いため意識されませんが、今後の金利上昇の可能性を考えると、新規取得物件に対しては半分程度は頭金を入れておくのが安全だと感じました。世界的経済の不安定さを考えると今は買い時ではないと思っています。

米国株の方は新規の買い付けはなく、下げたところをGIS  ゼネラルミルズを追加購入しました。米国株自体が高値圏にあると思っているので、いつ暴落が起こってもいいようにドルのキャッシュポジションは積み上げて備えています。

米国10年債利回りは思ったほど伸びてきませんね。今後の米国の利上げ回数にもよりますが年内3%に達するのが厳しいかもしれません。やはり3回は難しく、2回程度の利上げになるのではないでしょうか。ドル円も2回の利上げでは高値で117〜118円程度と考えています。むしろトランプ氏のトランプ氏のドル安政策がどの程度影響を及ぼすのか全く不透明です。

難しいけれどチャンスも大きいような時期に入ったと思います。値動きに左右されず割安になったところを拾い安定した配当を積み上げたいと思います。





[PR]
by papio1017 | 2017-02-19 23:31 | 投資