人気ブログランキング |

配当重視の投資方法や日々の事柄など


by papio

確定申告

確定申告が終了しました。

とはいっても自分で何かをするというわけではなく、会計士任せなのですが、外国所得税額控除の数値だけは証券会社よりダウンロードしてデータを渡しています。

米国株の配当は30%ひかれているため、10%は戻ってきます。外債の利金はなぜかと20%だけしか引かれていません。

ちょっとこのところ円高に振れてみたり、米国株や、日本株まで下げているのでトレンド的には気を付けています。まだ大きく売るよりは積極的ではないものの様子を見るというポジションです。

もし暴落があるとしたら結構大きなのが近い将来来そうな気がします、これをチャンスと見で買い増しできるのか、下がる兆しが出てきたときに売ってキャッシュポジションを厚くするのかなかなか悩ましいです。

ただ少し銘柄を選別しようかとは考えています。



# by papio1017 | 2019-03-11 01:29 | 投資

米国株

パウエル議長のハト派への転換のためか、株価はこのところ落ち着きを見せています。

昨年末にはかなりの下落を覚悟していましたが今のところ小康状態といったところでしょうか。

僕のポートフォリオ全体がかなりいい感じですが、これもずっと続くとは考えておらず、状態の良いうちに手を打っておこうと考えています。

その一つとして再投資はほぼ米国債や債券ETFに回しています。またゴールドのETFの投資も検討しています。

現物の金は税金の関係上売りにくいのですが、金ETFは手軽に売却できるので恐慌時のヘッジとして役に立つと考えるようになりました。金自体は利息を生まないので分配金もありませんが他のETF同様税金が一律なのはありがたいです。

まだ少し値が高く感じるのでもうしばらくしたら少しずつ買い付ける予定です。



# by papio1017 | 2019-02-24 15:49 | 投資

積み立てFX ②

積み立てFXをはじめて1週間程度たちました。仕組みや流れも分かってきたのでもう少し追加することにしました。

新しく設定したのは月々の額は前回同様、10万円、毎日買い付けですがレバレッジは3倍にしてみました。

10万は2倍、もう10万は3倍、計月々20万入れてみて経過を見てみます。

どちらも通貨はドルです。MMFよりは利回りもよくドルの保有方法としてはいいのではないかと考えています。

# by papio1017 | 2019-02-20 14:18 | 投資

クレジットカード

僕はクレジットカードがあまり好きでなく、今までは海外旅行や、どうしても必要な時以外は使わない方針でした。

最近、楽天証券で米国株ファンドを買い付けるのに楽天カードを使うと楽天市場で使えるポイントがたまるのを知り、手続きをとってみました。ポイントが付く上限は月5万円と限られてしまっていますが、面白そうなので初めてみました。

いろいろ調べていくと、ふるさと納税も楽天カードで引き落とせばポイントが大量につくことに気が付き、今年から始めましたが、無料の楽天カードだと月の限度額が限られているためプレミアカードに変更しました。

ポイントもより多くたまるようなので効率が良さそうです。ただ有料なのでどの程度の額を年間で使うと得になるのかはまだわかりません。

結構世の中には探せばいろいろお得な情報があるのかもしれません。今まではめんどくさくて調べませんでしたが、暇な時間が増えたためこちらも探っていきたいですね。





# by papio1017 | 2019-02-18 14:47 | 日常

運について

運とはどういうものなのでしょう。

運というものが存在すると思っている人もいれば、そんなものはないと考える人もいます。

僕は運というものが確かに存在するように感じています。

やはりに荷をやってもうまくいく人もいれば、何をやってもうまくいかない人はいる。

その違いは何なのか。

それは単純に自分は運がいいと思い込めるかどうかの違いなのではないかと僕は考えています。

問題はどうやって自分を運が良いと思い込めるのか?これは小さな成功体験を積み重ねていくしかないのではと考えています。

小さなことでもうまくいけばうれしい気持ちになり、うまくいったという感覚のフィードバックが得られます。

この小さなフィードバックが重なることによって成功がまた次の成功をよび「自分は運がいいと」勘違いできるのだと思います。

ここで言いたいのは「勘違い」で十分なのではないかということです。この勘違いが周りにこの人はできると錯覚させ、成功のスパイラルに乗っていくのではないかと推測しています。

実力はあったほうがいいのに決まっていますが、実力があっても成功できるとは限りません。実力のない勘違いできる人間のほうがはるかに成功できるような気がします。

# by papio1017 | 2019-02-17 11:43 | 日常

積み立てFX

以前お話ししたSBIFXトレードの積み立てFXを始めました。

月々10万円ずつドルを買い付ける設定で自動的に毎日定時に買い付けを行ってくれます。

レバレッジも1~3倍までありますが、とりあえず2倍からスタートしてみました。

為替の変動があっても毎日買い付けるので変動を吸収してくれるためリスクは低いように感じます。

様子を見て3倍くらいまでならレバレッジをかけてもいいのではないかと考えています。

まだ数日間ですが、今の設定でスワップポイントは一日2円ぐらいとなっているようです。今後も経過を追ってみたいと思います。



# by papio1017 | 2019-02-16 23:17 | 投資
好きなことを仕事にすれば成功する。よく聞く言葉です。

もちろん好きなことを仕事にできればそれが一番いいでしょう。

でもそこに才能があるのかどうかはわかりません。

僕のおすすめは得意なことを仕事にする。そして好きなことは趣味として楽しむです。

好きなことを仕事にしても、それに対して才能がなければ一生芽が出ないかもしれません。ずっと生活苦に追われる可能性もあります。本人は好きなことをしているのだから幸せであるという見方もありますが、周囲の人に迷惑がかかる可能性もあります。

とりあえず自分のできること、得意なことを仕事にするのが先です。一言でいえば稼げることとも言えます。

一生分稼いでしまい、不労所得を得た後なら好きなことを仕事にしてもかまわないとは思いますが、それまでは趣味の域にとどめておいたほうがいいのではないでしょうか。

# by papio1017 | 2019-02-14 22:58 | 基本の考え方
僕の場合、配当を目的とした投資なので年が明けたとたんにすぐnisa枠は使い切ります。

とにかく早くから配当を得たいからです。枠自体がそれほど大きくなく、迷っていてもしょうがないので1月の初めには毎年すぐに使い切ってしまいます。

今年はほとんどBNDとAGGで使い切りました。あまり価格変動が大きくなく利回りもそこそこあるからです。

経費率も低く債券ETFとしてはとても優れた商品だと思います。

話は変わって昨年から実験的に積み立てている米国株の積み立て投信ですが、このところはすべてマイナスで推移しています。こういうものは長期的に見ていかなければなりませんので、少なくとも数年は保有するつもりです。

米国債にも気が向いたときに資金を入れています。やはり株だけではこの世界情勢では少し不安ですからね。もし株が暴落したとしても長期の間には戻すかもしれません。ただそれがどれだけ長期にわたるのかはだれも予想できないからです。

どの時点で何が起こっても、総資産額ではなるべく変わらないような資産形成を考えています。そのためには株だけでなく債券、ゴールド、不動産などある程度の分散が必要だと思います。




# by papio1017 | 2019-02-13 01:26 | 投資

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

この本はかなり売れた本なので知っている人も多いかと思うのですが、まだ読んでいない人はぜひ読んでください。この錯覚資産という考えはビジネスをやっていて成功している人なら皆わかっていることかもしれません。ただ、成功した人たちがみんなに知られたくない、概念を伝えにくいなどの理由で一般にはあまり知られなかった考え方だと思います。

経験的に体感して実行してきた人はたくさんいると思いますが、このように体系化して言葉として説明した本はなかったのではないでしょうか。ある意味画期的だと思います。

最近、思うところ投資で不労所得を得ることは素晴らしいことですが、まずはある程度の元手がないと話にならないのではないかと考えるようになりました。投資はどうしてもパフォーマンス以上に初期投資の大きさに影響されます。僕の推奨している配当を目的とした投資は安全ではありますが、投資元本に大きく左右されます。

まずは自分のビジネスで資金を得て、その余剰分を回していくのが一番の早道だと考えるようになりました。とにかく自己資金がなくては投資をしても大きなメリットは得られません。まずはビジネスで稼ぐことではないでしょうか。

# by papio1017 | 2019-02-12 22:50 | ためになる本

本を読むこと

以前にも書いたかもしれませんが、本を読むことは最大級の投資になると思います。

本を書くのに作者はその人の人生の中で培ってきたノウハウのかなりの部分を込めて書いています。

そのエッセンスを数千円で買えてしまうというのは信じられないくらいコストパフォーマンスがいいと思うのです。

僕は年間に500冊くらい本を買うのであまりに場所をとることから、ここ半年くらいkindleで購入していました。

場所は取らなくなったのですが頭の中に残る感じが少なくなったように感じ、結局また紙の媒体に戻しました。すぐに読み返せる点や、読み飛ばしができること、なによりその紙の質感などから自分の無意識の中に残るものが大きいのではないかと考えています。

定期的に大量に本をブックオフなどに取りに来てもらって書庫のコントロールをしていますが、この手間を加味しても紙の媒体のほうが僕には合っているように感じます。

僕自身のビジネスの成功や投資の成功はもともとの才能などではなく、後天的に多くの本を読んできたことの結果だと考えています。

さて、話は変わって投資の話ですが、このところ話題になっている積み立てFXを始めようかと考えています。以前通常のFXを行っていたころ大きく損をしたことがあり、避けていましたが、この方法はリスクが低いのではと考えています。

具体的に始めたらまた投稿する予定です。



# by papio1017 | 2019-02-11 23:35 | 日常

近況

更新が滞っています。

昨年、55歳を迎え、自分なりに一区切りついたことが一番の原因でしょうか。

50歳に自分の基準とする経済的自由を得て以来、55歳までは予備期間としてある程度投資からのリターンを高めるために準備をしてきました。

55歳からはあまり増やすことに執着せず安全資産や時には新しい投資にもチャレンジしたく思っています。

本業を辞めるわけではなく、自分がかかわる時間を減らしていく方向ですが、収入自体が減るわけではないので、投資からのリターンはすべて再投資していく方向です。

ただせっかく余裕が出てきた時間や資産を使うことも大切だと思うので、旅行や自分を高めていく体験にはお金をかけていくつもりです。

不労所得を得る一番の目的は経済的、時間的、空間的(場所)に自由を得ることだと考えているからです。

今まではお金を増やすことや保つことにフォーカスしてきましたが、これからは「使い方」にフォーカスしたいと思います。



# by papio1017 | 2019-02-10 20:19 | 日常

日本株

 上場Jリート/ETF   星野RR/REIT 日本郵政  日本ビルF/REIT  JRE/REIT 阪急神RE/REIT  NTT  KDDI  

NTTドコモ  Jパワー  他


日本株についてはキャッシュフローを重視しているためリートを中心に保有しています。他も比較的配当が高いものを選んでいます。比率的には米国株の15%程度の規模になっています。あまり日本株については増やす予定はありませんが、大きく下げるところでは個別株の買いはあるかもしれません。日経平均やTOPIXへの投資は考えていません。米国株と違い右肩上がりには行かないと考えているからです。


他に個人向け国債変動にもある程度おいてあります。





# by papio1017 | 2018-10-13 13:08 | 投資

大幅な下げ

昨日は大きく下げたので予定通り本日から少しずつS&P500(ivv)の買い付けを始めました。

どこまで下げるのかは不明なため、一度に大きく買い付けるのは危険だと考えています。今後は下げるごとに少しずつ買い増しを行う予定です。

個別株については自分の所有株の中で特に有望だと考えるものに対しては買い増し、その他については売りは考えず、そのまま保有の方針です。

新規個別銘柄に関してはしばらく行わないと思います。

債券については利回り上昇(債券価格の下落)に合わせて買い増しの方向です。

強い円高局面があればドルを買い増してストックしておきたいと考えています。

# by papio1017 | 2018-10-12 00:49 | 投資

最近の買い付け

5年物前後の米国債を中心に買い付けを行っていますが

TLT,BNDなどの債券ETFも買っています。

また米国株では最近株価の落ちているVISAやブラックロックを買い増ししています。

しばらくは慎重に少しづつ買い増ししていく方針です。

今後、米国株がどれだけ金利上昇の影響を受けて下げるのかはまだわかりませんが、大きく下げる場面があればS&P500のETFを買い付ける予定です。



# by papio1017 | 2018-10-10 03:19 | 投資

金利上昇

米国債10年物の利回りが3.2%をいきなり超えてきました。

この水準になるとさすがに債券が魅力を増してきます。

元本保証でそれなりの金利をとれるとなれば、株でリスクをとるよりもいいかもと考える人は多いのではないでしょうか。

10年固定されるのが嫌であれば5年物程度でもかなりの利回りなります。

債券を買い付けるのに抵抗があるのであれば、TLTなどの米国債のETFなら流動性も高く、利回りも3%を超えてきていると思います。

もちろん米国株のように増配されるわけではなく、債券の分配金は一定ですが最後まで持ち切れば元本保証は大きいです。

僕自身も株を売ってまで債券を買うほどには考えていませんが、新たに買い付けるものは債券主体になると思います。

もちろん、これから起こる金利上昇からくる株価の下げに対して、積極的に株を買い増ししていくという方法もあるかとは思います。

そのほうが長期的には将来の果実は大きいでしょう。でもいつ果実を手に入れられるか、その時期はわかりません。現時点で若い人にはおすすめの方法です。

僕は大きな利益より安定した利益を取りに来たいと思います。

# by papio1017 | 2018-10-06 00:45

Amazon売却

アマゾンを全株売却しました。このところの急激な株価の上昇のため、かなりの利益が出ていたこと、買い増ししていたためかなりの株数になっていたこと、無配当銘柄であること、PERから考えると急落リスクが常にあることが理由です。

アマゾン自体はまだまだ成長力があると思うので、今後もウオッチ銘柄として経過を追い、大きく下げるようなことがあれば再び買い付けを行う予定です。

VISAについてもかなり含み益が大きくなっていますが、わずかながらも配当があること、配当成長も期待できることから保有を続けることにしました。

ほかにAGG、BNDを買い増ししております。安定志向が強くなっています。

最近の日本を見ているとかなり厳しい時代になっていくことを感じています。

このビジネスならいけるというイメージがなかなか湧いてきません。もちろん少数の天才たちはどのような状況でも成功するビジネスモデルを描けるのでしょうが、一般人にとってはなかなか明るい未来を描けるような環境ではないように思えます。

日本に閉塞感があるからと言って移住するのも現実的にはかなり困難があると思います。

ただ幸い日本の投資環境は恵まれています。居ながらにして世界中の優良企業に投資することができます。勤務していることに未来を感じられなくても、そこで得た収入を世界の優良企業に投資して、他の人に働いてもらい利益を得ることができる。これはよくよく考えるとすごいことだと思います。

# by papio1017 | 2018-07-18 00:45 | 投資

配当金のありがたみ

相変わらず米国株投資家にとって厳しい日々が続いていますね。

上がったと思えば次の日には急落し,落ち着きません。

こういう時にきっちり配当金が入金されてくるのはうれしいものです。

資産評価額は毎日のように大きく変動していますが、それに関係なく配当は着実に入金されてます。

もし指数だけに投資することを仮定すると、配当利回りが低いため評価額の上下が直接ひびき、心理的にきつかったかもしれません。

株を長く持ち続けるためにも、ある程度の配当利回りを確保して定期的にキャッシュを受け取れることが大切だと感じます。

上げ相場ではs&p500連動の指数が有利ですが、現在のようなはっきりしない時や下げている時は配当目的の投資が安心していられますね。

最近はBNDやAGGなどの債券ETFの買い増しに加えHDV.DVYなどの高配当株式のETFも買い増ししています。

日本株は電源開発を新規買付しました。日本株もいつの間にか8銘柄になりました。





# by papio1017 | 2018-04-07 17:14

おすすめの本

このところ積極的な動きのない代わりに知識を蓄えるため多くの投資関係の本を読んでいます。

10冊ほど読んだのですが特に良かったと思う2冊を紹介します。

一つ目は
図解「PERって何?」という人のための投資指標の教科書


この本は題名からするとPERなどの指標からどのような投資をするかという表面だけの内容を想像してしまいますが、まったく違い、いい意味で期待を裏切る素晴らしい本です。基本的な指標から日本経済全体の流れや財務諸表の投資に役立つような読み方にまで触れています。初心者だけでなく中級者以上でも復習となり頭が整理され役立つ内容だと思います。

二つ目は
MONEY

お金の成り立ちからインフレ、デフレ、金融政策など知っておきたい基本的な知識が読みやすくまとまっています。ページ数は多いですがそれを感じさせない読みやすさだと思います。投資をするにあたって知識の基礎固めにとてもためになります。





# by papio1017 | 2018-04-01 07:23 | ためになる本

日本郵政など

株価の低迷している日本郵政、KDDI、NTTに新規買付を行いました。

そこそこ配当もとれるので長期保有したいと考えています。

米国株に関しては今のところ現状維持で行く方針です。しばらくはじっくりと様子を見て配当を積み上げを楽しみたいと思います。

値上がり益は難しそうですが為替を考えなくていいのは日本株のいい点ですね。

# by papio1017 | 2018-03-09 13:02 | 投資

近況

なかなか米国株投資家にとっては厳しい日が続いていますね。

僕もあまり大きな買付はしていませんが、気になっていた新規銘柄や安くなった銘柄を買い付けています。

新規銘柄としてはCNP センターポイント・エナジーとPEG パブリック・サービス・エンタープライズ・グループの2銘柄を追加しました。どちらも配当目的です。

また久しぶりに日本株も買い付けを行いました。日本たばことNTTドコモです。株価の下げに伴いJTは配当利回り5%に近づいています。今のところ業績から減配のリスクは小さいのではないかと考えています。

日本株については長期的に見てこの先も右肩上がりとはいかないような気がするので指数を買い付けるより、個別銘柄で気に入ったものを保有したいと思います。

10物米国債利回りも3%手前で落ち着いてしまったので債券購入もいまは一休み中です。

他にマイクロソフトの社債について購入検討中です。

# by papio1017 | 2018-03-06 00:01 | 投資
昨日はゼネラル・ダイナミクスは指値に引っかからず結局買えずじまいでした。

他にもいくつか指値をしていたのですがiシェアーズ グローバル生活必需品 ETF(KXI)を買い付けることができました。

このETFを利用することによって、世界の生活必需品セクターの銘柄に広く分散投資する事が可能になります。信託報酬は0.48%とやや高いように思います。

保有銘柄は98銘柄となっています。今回このETFを買いたかった理由はスイス企業であるネスレに投資したかったからです。個別株として購入したかったのですがネット証券では取り扱いがなく、大手証券会社では手数料がかなり高いようなのでETFを通しての投資としました。

上位10銘柄の構成です。ネスレ、P&G、コカ・コーラ、フィリップモリス、ペプシ、ウオルマート、ブリティッシュアメリカンタバコ、アルトリアグループ、アンハイザーブッシュアンベブ、ユニリーバとなっています。

分配金利回りは昨日のデーターで2.27%と利回りはあまり大きくはありませんが僕好みの銘柄が多く下げていく局面では買い増していく方向です。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。

# by papio1017 | 2018-02-14 23:18 | 投資

軍事産業

僕はいくつかの軍事産業に投資しています。

ロッキード・マーティン、ノースロップ・グラマン、レイセオンの各社です。

株主はパーシャルオーナーであるという観点から見ると、軍事産業への投資は倫理的には問題があるように思えるかもしれませんが、現在の世界の混沌としている状態や、地政学的リスクを考えるとますます需要は高まっていくのではないでしょうか。

人間の本能の中に生き残るために戦うという仕組みが組み込まれているため、世の中から戦いを無くすことはほぼ不可能ではないかと僕は考えています。

ある意味倫理的に投資しにくいというのはチャンスでもあります。たばこ産業などと同様に業績に比べ割安に放置されやすいため株主にとっては大きなリターンが見込めるのではないでしょうか。

連続増配企業も多くこれからも期待できる投資分野だと考えています。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。

# by papio1017 | 2018-02-13 23:47 | 投資

週明け初日

注目していた今晩の米国株相場ですが200ドル以上上げていますね。うまい具合にアメリカ 10年債券利回りは2.85~2.9ぐらいの間に抵抗があるようでなかなか突き抜けられないようです。これを超えてくるとちょっと怖い気がします。

ともあれ今晩は株価は安定しているので少し安心です。米国債利回りは変化がなかったので本日は米国株のみ指値をして寝ようかと思います。

個別株はマイクロソフト、VISA、ETFはHDVに指値をしました。

マイクロソフトに関しては最近かなり株数を増やしてきています。理由としてはすでに成熟期に入り安定して配当を出してきていること、今後業績から長期に渡る連続増配の期待ができること、クラウドが伸びておりビジネスモデルの転換がうまくいっているように感じられることから増やしています。

VISAに関しては言うまでもなすさまじく稼ぐことのできる手数料ビジネスです。1%にも満たない配当ですが、DPSの伸びはすさまじく、長期に持つだけ初期投資当たりの配当利回りは上がっていくと考えています(Yield On Cost)。

配当性向も低く押さえられており、なるべく早くから長期所有しておくべき株だと考えています。僕は最近になってようやく気付きもっと早く持っておくべきだったと後悔しました。株価が常に右肩上がりでかつPERも40倍を超えているため簡単には買えない株ではあります。

明日の朝にチェックして買えているかどうか、ちょっとした朝の楽しみでもあります。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。

# by papio1017 | 2018-02-13 00:39 | 投資

このところアメリカ 10年債券利回りを比較的まめにチェックしています。

もう2.9%に届きそうなところまで来ていますね。

そこらへんにくると米国債の買い手が増えるため少し利回りが落ちるようです。でもじりじりと確実に上がっていることは確かです。

このスピードは思った以上に速い気がします。僕の想定では年末ぐらいまでに上下を繰り返しながら3%程度まで上がるのではと考えていましたが、思った以上に利回りが落ちず、高い利回りにとどまっています。アメリカ 10年債券利回りの上昇は市場がインフレを予想しているということです。

3%に達するならば株から債券への逃避がより鮮明になり、株にはかなりの売り圧力が生じると考えています。現実に僕自身も現在は株よりも米国債を多く買っています。ほぼ無リスクで3%の利金が手に入るのならリスク資産に手を出す必然性が落ちてくるからです。

もちろん米国株には有利な点もあります。歴史は米国株がいつの時代にも実質約7%のリターンをたたき出しことを証明しています。タイムラグはありますがいずれは株価もインフレに合わせ上昇するものと思います。株がインフレヘッジになることは証明されています。僕が気にしているのはそれまでのタイムラグの間、かなりの精神的な強さが求められるということです。

たぶん株価が低迷している間、辛抱強く米国株を買い続けることによって将来的にそれが報われるのだとは思います。その間の精神的なヘッジとして米国債やBND、AGGなどの比較的安全な債券ETFも合わせて仕込んでいます。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。


# by papio1017 | 2018-02-12 22:56

これからの方針

米国市場は大方の予想通り落ち着きを取り戻してますね。

このところ方針通り、米国債とHDVを買い増しております。個別株としてはVISAとマイクロソフトを買い増ししております。

10年物米国債利回りは2.8%を超える水準に達しています。これが重しとなり、今年の米国株は昨年のようにどんどん上がっていくような感じはなくなり、上下を繰り返す展開になるものと考えています。

年内に10年物米国債利回りは3%に達する可能性も十分あると考えています。その時は株も大きく下げる可能性もあり、バーゲンに備えキャッシュポジションを高めておきたいと考えています。同時に米国債も買い進めていきます。

上げ下げの目立つ相場になりそうなことから投資信託の積み立てが有効になると考えています。現在、月に5回ifreeS&P500を自動買付していますが、一回の積立額を大幅に増やしました。これは何も考えずに買い付けられるので便利ですね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。


# by papio1017 | 2018-02-08 12:12 | 投資

大暴落

米国市場は、史上最大の下げ幅-1,175ドルの下げを記録しました。

昨日は寝る前に少し下げていたのでHDVとVISAを買い付けて眠りに落ちたのですが、朝起きてみると予想外の大暴落でした。

連日でここまで下げるとは思っていなかったので少し予想外ですね。幸い年末から年明けにかけて大きく利が出ているものは利益確定し、米国債やBND、TLTなどの格付けの高い債券ETFに移行していたため資産総額的には大きなダメージはなさそうです。

現在、年末からの利益確定によるキャッシュポジションが大きいのでさらにこのチャンスに買い付けを進めたいと思います。

引き続き利回りの上がってきている米国債を中心に、米国株ETFはHDVを買い増します。もう少し下がるようであれば分配金利回りも上がると思うのでIVV(S&P500)もいい選択かもしれません。

個別株は割高でなかなか増やせなかったVISAを増やしたいと考えています。amazonも下げているようなので無配銘柄ではありますがあと少し増やしてみたいですね。

日本株についても2万円を大きく割ってくるようであれば少しずつ買い始めてもいいかなと考えています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。


# by papio1017 | 2018-02-06 12:06 | 投資
このところの下げで集中的に買い増しを行っているのがiシェアーズコア米国高配当株ETF(HDV)です。個別銘柄を買い増していくのもいいのですが、僕の場合保有銘柄数が多いため管理がかなり面倒です。

そこで思い切ってメインの買い付けはHDVに集中しています。HDVは配当水準の高い米国株で構成されており、ベンチマークはモーニングスター配当フォーカス指数となっています。

信託報酬も0.08%とかなり低い水準に抑えられています。現状での利回りは3.2%前後となっていてなかなか高利回りだと思います。セクター上位は生活必需品、エネルギー、電気通信、情報技術になります。

現在定期購入中の楽天バンガードの高配当の投信はVYMを基にしており、そちらの組み入れセクター上位は消費、金融、テクノロジーと構成もHDVとは異なっているので、これもいい点です。

構成銘柄を見てみると、上位からエクソンモービル、AT&T、ベライゾン、シェブロン、ファイザー、ウエルズファーゴ、P&G、シスコシステム、フィリップモリス、コカ・コーラなど74銘柄で構成されています。

他の高配当ETFであるVYM、VIGより現状では利回りも良く、配当を重視する投資家にとっては組み入れても良い銘柄と感じています。機械的に買い進められる点がいいですね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。

# by papio1017 | 2018-02-05 23:07 | 投資

米国債投資について

最近発売された証券会社がひた隠す米国債投資法を読んでみました。

米国債投資については別の著者による証券会社が売りたがらない米国債を買え!という名作があります。この本を読んでから僕は米国債投資を始めました。この本は米国利付債投資についての本ですが債券投資の基本が詳しく解説されており、読めば必ず米国債投資をしたくなってしまうだろうと思わせる名著でした。

今回読んだ証券会社がひた隠す米国債投資法の方は題名が似ているため同著者によるものかと思っていましたが、全く別の作者の著作でした。

内容は米国ゼロクーポン債についての本です。ゼロクーポン債とは利付債とは違い利金を受け取れませんが、その分、満期までの利子に相当する金額が投資元本から差し引かれた金額で発行され、満期時においては額面金額で償還されるものです。

僕自身はキャッシュフローを重視するためゼロクーポンに投資することは考えたことはありませんでしたが、著者の提唱する年1回だけ決まった日にまとまった金額をゼロークーポン債に投資する方法はなかなか理にかなってるように感じました。ある年齢から毎年1回、一定額を投資することによってその満期の年(例えば30年後)から毎年年金のように金額を受け取れるようになります。

ある程度の資産をすでに築き上げた人や、一定の年齢に達している人が行う投資としてはキャッシュフローを生む利付債のほうが良いかと思いますが、これから資産を形成していく過程の人が使わないお金を置いておく先としては優れていると感じました。

著者の提案している方法は、これから65歳定年が定着してくることを踏まえ逆算し30年物のゼロクーポン債を35歳ごろから年1回購入することを提案していました。もちろん利回りはその時の金利水準によって変わってくるため、いつも条件の良い債券を手に入れることができるわけではありません。この点はあまり利回りにこだわり過ぎないようにすることが大切であるとしています。僕自身もそうですが利回りにこだわりすぎるとなかなか買い付けられません。それよりも年1回きちんと買い付けることを優先した方が良いということでしょう。

この投資法は満期まで利息を生みませんので余計なことにお金を使わないという効果もあるように思います。年金代わりまたは年金にプラスしてある程度の金額がまとまって入ってくるのは生活に余裕が出るのではないでしょうか。米国株だけでなく米国債も取り入れることによって投資の幅が広がるように思います。



にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。


# by papio1017 | 2018-02-05 00:35 | 投資

仕事についての考え方

投資においては投資元本の大きさが大きくその後の収益に影響します。

1千万円を10%で回せば年100万円ですが、1億を1%で回しても100万円です。投資元本が大きければ当たり前ですがはるかに低いリスクで同じ成果を得ることができます。

年10%の利回りを得るのは現在かなり難しいと思いますが、年1%は誰にでもできると思います。そう考えると投資を始める時、当たり前ですがなるべく多くの資金を投入できる方が有利なわけです。

良く語られる話に若いころから少額でも投資を始めるのが良いという話を聞きますが、僕はある程度の金額を確保できるまでは仕事に集中した方がいいのではないかと考えています。もし給料が十分でない場合は副業をしてでもとにかく投資資金を作るのを最優先する方が効率的だと思います。また現時点での仕事から、何でも構わないのでスキルを身に付けることが大事だと思います。

限られた給与を頑張って増やそうとしても限界があります。とにかく初めは投資の勉強をする時間よりも仕事をして投資資金を作ること、仕事を通して何らかの稼ぐ力を身に付けることを最優先すべきだと思います。投資はある程度まとまったお金を作った後から始めても決して遅くはなく、その後の資産の伸びはずっと早いような気がします。

お金を稼ぐ力は一度身に付けてしまえばそう簡単には失われないでしょう、もちろんこれは投資の力も同じです。ただ投資は100%安全とは限りません。現在考えられる中で僕自身は米国株と米国債が最も安全かつ効率的だと考えていますが、なにが起こるのかはわからないのが世の中です、自分で稼ぐ力を身に付けておけば投資において不測の事態が起こったとしても収入を確保することができます。その意味でも仕事のスキルをある一定以上にまで高め、失われないレベルまで作っておいた方が安心して投資を始められると思います。

仕事をとにかくやめたくて生活費ギリギリのインカムゲインを達成した途端すぐに早期リタイアしてしまうというのは非常にリスキーだと思います。いざとなったら自分で稼げるノウハウを身に付けてから行動を開始するのが得策でしょう。もちろん投資の天才のような人たちには当てはまりませんが、そのような天才はごくわずかだと思います。

常に最悪の場合どうなるかを想定したうえで保険をかけておき、行動するのが良いのではないでしょうか。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。


# by papio1017 | 2018-02-04 00:12 | 基本の考え方

金利上昇

10%米国債利回りが一時2.85%を超えてきましたね。

雇用統計も良好な結果でこれが逆にFBBの利上げを早める憶測を呼び、米国株価には逆風になったようです。

この流れは実際には予測されていたことなので過剰反応のような気がしますが、米国経済はそれだけ好調だということでしょう。

予定通り株価の下げに合わせ高配当ETFのHDVを買い増しました。これだけ金利が上がってくると高配当株については不利な条件が整ってくるので下げる方向に流れると考えています。同じ金利なら米国債を買った方がリスクが低いからです。この下げに合わせて買い増しを行っていきます。

また長期金利上昇に合わせ米国債も買い増しを行っています。3%を超えてくるようであればより大きく買い増す予定です。

これからの株価については1方向に上がっていくというよりは上下に振れることが多くなってくるのではないでしょうか。金利の上昇にあわせドル円も円安方向へ動いているようです。

665ドルの下げというのはリーマンショック以来とのことですが、今回の爆下げがリーマンショック時のような長期の下げにはつながらないと思います。当時とは違い米国経済はかなり強い状態だからです。ただ下げたからと言って、一気に買うのは危険が大きそうなので、下げに合わせて買い増ししていくのが良さそうな気がします。

むしろバブルの形成をFRBがうまくコントロールし、今まで過剰だった上昇ペースをうまくコントロールしてくれるものと期待しています。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
勉強になるブログが多数掲載されています。

# by papio1017 | 2018-02-03 18:26 | 投資