配当重視の投資方法や日々の事柄など


by papio

配当金のありがたみ

相変わらず米国株投資家にとって厳しい日々が続いていますね。

上がったと思えば次の日には急落し,落ち着きません。

こういう時にきっちり配当金が入金されてくるのはうれしいものです。

資産評価額は毎日のように大きく変動していますが、それに関係なく配当は着実に入金されてます。

もし指数だけに投資することを仮定すると、配当利回りが低いため評価額の上下が直接ひびき、心理的にきつかったかもしれません。

株を長く持ち続けるためにも、ある程度の配当利回りを確保して定期的にキャッシュを受け取れることが大切だと感じます。

上げ相場ではs&p500連動の指数が有利ですが、現在のようなはっきりしない時や下げている時は配当目的の投資が安心していられますね。

最近はBNDやAGGなどの債券ETFの買い増しに加えHDV.DVYなどの高配当株式のETFも買い増ししています。

日本株は電源開発を新規買付しました。日本株もいつの間にか8銘柄になりました。





[PR]
by papio1017 | 2018-04-07 17:14